小池徹平、監督のテンションの高さに限界?ブラック会社ならぬブラック監督への苦言?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
監督の“ブラック”ぶりを披露する小池撤平(奥は田辺誠一)

 21日、渋谷シネクイントにて映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台あいさつが行われ、小池徹平、マイコ、池田鉄洋田中圭品川祐中村靖日千葉雅子森本レオ田辺誠一佐藤祐市監督が登壇した。

映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』写真ギャラリー

 キャスト全員が全身真っ白のコーディネートで登場すると、観客からは大歓声があがった。司会より「撮影現場で限界だったこと」を問われたキャストたちは、本人を目の前に暴露大会を開始。小池が「佐藤監督の朝のテンションの高さが限界でした(笑)」とひかえめに語ると、佐藤監督の隣にいた森本も「現場に行くたびにむくんで、どす黒くなっていったねぇ」と言いたい放題。火がついたのか、「最終日にはテンションの高いボンレスハムみたいになっててねぇ」と大暴走する森本に、小池も笑い転げていた。

[PR]

 大過酷な長時間労働を強いられたり、利益のためだけに社員をこき使う「ブラック会社」を舞台に繰り広げられる人間模様を、苦しみながらも生き抜いていく姿を演じきった小池は「同じような環境の方に、少しでも元気をあげられたら」と真剣な面持ちをみせた。それを聞いた千葉は「小池さんは現場でも本当にひたむきなんです。どんな長丁場でも文句ひとつ言わず、嫌な顔もしない!」と大絶賛。さらに「何度、帰り道に一人で『こんな子どもがいたらなぁ』って思ったことか(笑)!」と叫ぶ千葉に、キャストや佐藤監督は笑いつつも共感したようにうなずいていた。

 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は、いじめられた過去を持ち、長年ニートだったマ男(小池)がやっとの思いで就職するも、劣悪な状況に直面し、「ブラック会社」だったと直感する。

映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は現在公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]