長澤まさみ、本当は超能力を信じていない?スプーン曲げ挑戦は失敗!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「うーん……」長澤まさみ

 21日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『曲がれ!スプーン』初日舞台あいさつが行われ、主演の長澤まさみ三宅弘城諏訪雅中川晴樹辻修川島潤哉岩井秀人志賀廣太郎のほか、原作・脚本を手掛けた上田誠本広克行監督ら、計10名が登壇した。

映画『曲がれ!スプーン』写真ギャラリー

 映画では、本気で超常現象を信じるテレビ番組のADを演じた長澤まさみだが、どうやら本心では超常現象を信じていなかったようだ。というのも、今回は舞台あいさつ中にスプーン曲げの講師が登場し、登壇者・観客の皆でスプーン曲げに登場したのだが、長澤のスプーンは曲がらなかったのだ……。講師の見本タイムと、本番タイム、計2回ほどスプーン曲げに登場したのだが、本広監督は初回からスプーン曲げに成功!「あれ、みんな曲がらないの?」と余裕の発言をしてみせた。

[PR]

 2回目のチャレンジでは、なんと本広監督、志賀廣太郎、辻修、川島潤哉の4名がスプーン曲げに成功。客席でもスプーン曲げに成功する観客が続出し、長澤は「負けてる……」と力なくつぶやいていた。講師いわく「スプーンは曲がると信じることが一番大事」ということで、演じていた役柄とは違い、長澤には信じる心が少し足りなかったのかもしれない。

 『曲がれ!スプーン』は、劇団「ヨーロッパ企画」の人気舞台を「踊る大捜査線」シリーズの本広監督が映画化した超能力コメディー。取材にやって来た超能力番組のAD(長澤まさみ)から、自分たちの能力を隠そうと超能力者たちが繰り広げる騒動を描く。

映画『曲がれ!スプーン』は全国東宝系にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]