クレイジーモンキーに続きフェイスマンも映画版『特攻野郎Aチーム』へカメオ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダーク・ベネディクト - Chris Jackson / Getty Images

 先日、1980年代の人気テレビシリーズ「特攻野郎Aチーム」でAチームメンバーの“クレイジーモンキー”を演じたドワイト・シュルツが映画版『特攻野郎Aチーム』へカメオ出演したことが明らかになったが、ダーク・ベネディクトもカメオ出演することが明かされた。

 ダークといえば、オリジナルのテレビシリーズ「特攻野郎Aチーム」で甘いマスクの二枚目メンバー“フェイスマン”を演じた役者で、日本語吹き替え版では「自慢のルックスに、女はみんなイチコロさ。ハッタリかまして、ブラジャーからミサイルまで何でもそろえてみせるぜ」とオープニングのキメ台詞を覚えている人も多いのではないのだろうか。ダークの公式サイトDirk Benedict Centralによると、ダークが現在カナダのバンクーバーで撮影中の映画版『特攻野郎Aチーム』へカメオ出演するとのこと。役柄は明らかにされてないが、ドワイトに続いてオリジナルメンバーが2人も出演するのはファンにとって嬉しいニュースだろう。オリジナルメンバーで“ハンニバル”を演じたジョージ・ペパードは1994年に死去しているため、残るは“コング”役のミスター・Tのカメオ出演を期待したいところだ。

 映画版『特攻野郎Aチーム』はリドリー・スコットトニー・スコット兄弟がプロデュースし、監督は『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』のジョー・カーナハンがメガホンを取る。新しいAチームのメンバーは、リーダーの“ハンニバル”にリーアム・ニーソン、“フェイスマン”にブラッドレイ・クーパー、“コング”に総合格闘家クイントン・ジャクソン、“クレイジーモンキー”にシャールト・コプリー、ヒロインにジェシカ・ビールが決まっている。

Dirk Benedict Central:http://www.dirkbenedictcentral.com/

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]