コリン・ファース、ハリウッドには隠れゲイ俳優がたくさんいる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コリン・ファース

 1960年代を舞台にした映画『ア・シングル・マン』(原題)で、ゲイの大学教授ジョージ・ファルコナーを演じたコリン・ファースが、アメリカの映画界はキャリアを危険にさらしたくないがために、カミングアウトできない俳優でいっぱいだと思うと語った。

 「ストレート(非同性愛者)な俳優がゲイの男を演じるのと、映画界でゲイの俳優でいることはまったく違うと思う。いまだにゲイであることをおおっぴらにするには多少の制約があると思う。ハリウッドではゲイであるという秘密を用心深く守っている俳優が多い。主役を演じる男性でゲイであることを公にしている人は少ない」とコリンはパレード誌に語る。

 49歳のコリンは、ストーリーがとても良く描かれていたため、ジョージを演じることに何の不安も感じなかったという。「実際の行為を目にしなくても、映画を通してセックスが描かれている。僕が演じる男性がゲイであることをオープンにしている点はとても象徴的だと思うし、親近感と普遍的な特質を持つ男性間の愛のストーリーをよりパワフルなものにしていると思う」と説明している。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]