ロサンゼルス映画批評家協会が選ぶ2009年度の最優秀作品は『ハート・ロッカー』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ザ・ハート・ロッカー』(原題)監督のキャスリン・ビグロー - Michael Kovac / FilmMagic / Getty Images

 ロサンゼルス映画批評家協会が今年度の最優秀作品や監督などを発表し、イラク戦争を描いた映画『ハート・ロッカー』が最優秀作品賞を受賞した。また、同作品を監督したキャスリン・ビグローも最優秀監督賞を受賞している。主な受賞者は下記のとおり。

最優秀作品賞: 『ハート・ロッカー』
最優秀監督賞: キャスリン・ビグロー  『ハート・ロッカー』
最優秀男優賞: ジェフ・ブリッジス 『クレイジー・ハート』(原題)
最優秀女優賞: ヨランド・モロー 『セラフィーヌ』(原題)
最優秀助演女優賞: モニーク 『プレシャス』(原題)
最優秀助演男優賞: クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
ほか

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]