超人気アニメ「涼宮ハルヒ」劇場版が満員立ち見での初日!平野綾4年間の集大成に感無量

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『涼宮ハルヒの消失』満員御礼!

 6日、池袋シネマサンシャインで映画『涼宮ハルヒの消失』の初日舞台あいさつが行われ、声優の平野綾杉田智和茅原実里後藤邑子小野大輔桑谷夏子松岡由貴あおきさやか白石稔松元恵、総監督の石原立也武本康弘監督が登壇した。

映画『涼宮ハルヒの消失』

 壇上には、突飛な言動や行動から校内一の変人として知られる美少女、涼宮ハルヒが「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的に結成したSOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)のメンバー役の人気声優と監督ら総勢12名が勢ぞろい。会場内の426席はすべて埋まっており、徹夜で並ぶ人や立ち見まで出たという超満員の観客からは、絶叫にも近い歓声が沸いていた。セクシーなミニスカドレス姿で現れた主役の涼宮ハルヒ役の平野は、「(お客さんの)席が超近くて、びっくり。わたしが10代のときに第1シリーズが始まって、それから4年たって劇場版ということで感慨深くなりました。今回の劇場版では、4年間続けてきたことの集大成だと思って演じました」と満足げな表情だった。

[PR]

 さらに石原総監督は本作について、「原作の中でも非常に重要なストーリー。今まで傍観者的にたち振る舞っていたキョン自身が、あえてSOS団の仲間に加わることを自覚する箇所ですからね。テレビシリーズで作るという話もあったんですけど、大きなスクリーンの長編アニメーションとして完成させることができて、とてもよかった」と本作への思い入れをコメント。ハルヒと長門、そしてキョンとの三角関係が描かれるなど、本作で新たに描かれる「涼宮ハルヒ」ワールドを堪能したばかりの観客のテンションは非常に高く、大盛況のうちに舞台あいさつは幕を閉じた。

 本作は累計600万部を発行した谷川流原作のライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズ初の劇場版アニメ作品。主人公の涼宮ハルヒを中心とするSOS団が、今度は劇場版にて予測不能な展開を見せる。クリスマスまであと少しとなった冬のある日、いつものように登校したキョンは、普段と違うことに気付く。何と後ろの席に座っているハルヒがいない。しかもその席には以前キョンを殺そうとし、長門に返り討ちにあった朝倉が座っていて……という物語だ。

映画『涼宮ハルヒの消失』は池袋シネマサンシャイン、新宿バルト9ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]