キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、動物の倫理的扱いを求める会が選ぶワースト・ドレッサーに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

 PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が毎年発表しているワースト・ドレッサーにキャサリン・ゼタ・ジョーンズが選ばれた。

理由は、「一度でも動いたことのあるもの(生き物)を着たがるフェチがあるため」とのこと。同団体は、キャサリンが舞台に出演しているニューヨークの劇場の外で抗議行動まで起こしている。「牛革のパンツ、醜いフォックス毛皮のコート、気持ち悪いワニバッグなど、キャサリンはナイフを片手にノアの方舟の動物を片っ端から始末しているように思える。もしかしたら、映画のための新しい役づくりなのかもしれない。連続殺人鬼とか、動物のはくせい師とか」と、かなり辛らつなコメントをPETAは出している。

キャサリンのほかに、ワースト・ドレッサーに選ばれたのは、アリーサ・フランクリン、ジェニファー・ロペスケイト・ハドソンジェシカ・シンプソンなど。PETAは、ケイトがアレックス・ロドリゲスにふられたのは毛皮を着たからだとコメントしているほか、カントリー歌手へと転向したジェシカの歌手生命が“死んだ”のは、“死んだ”ものを着ているからだと言っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]