一世を風靡したインベーダーゲームの映画化でワーナーがタイトーに交渉中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「な、懐かしい……」と思う人も多いはず!? - Peter Macdiarmid / Getty Images

 かつて世界中で一世を風靡(ふうび)したインベーダーゲームの映画化を、アメリカの大手映画製作会社ワーナー・ブラザーズが企画していることがわかった。
 
 スペースインベーダーといえば、1978年にタイトーが開発したアーケードゲームで、社会現象になるほどのブームを巻き起こした。襲い掛かってくる宇宙人を撃墜するだけというシンプルさは日本のみならず世界中でも受け入れられ、数々の類似商品を生み出したことでも知られる元祖シューティングゲームだ。

 その名作の映画化に乗り出したのはアメリカの大手製作会社ワーナー・ブラザーズで、目下映画化権について製造元のタイトーと交渉中だとロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。仮に映画化権が獲得できた場合のプロデューサーには、映画『プライベート・ライアン』のマーク・ゴードンや日本でもスマッシュヒットを記録したホラー映画『パラノーマル・アクティビティ』のジェイソン・ブラムなどの大物が候補に挙がっており、ハリウッドも注目する大作映画になること間違いなしだ。

 ワーナー・ブラザーズはほかにもゲームの映像化企画を進めていたが、そのどれもが企画段階で頓挫しているだけに今回の企画だけはなんとも実現に漕ぎ着けたいところ。今後の展開が期待される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]