日本アカデミー賞発表!『沈まぬ太陽』が作品賞含む3部門!最多は『劔岳 点の記』の6部門

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主要部門の最優秀賞に輝いた面々! (写真左から、余貴美子、渡辺謙、木村大作、松たか子、香川照之)

 5日、グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールにて、第33回日本アカデミー賞授賞式が開催され、各部門で選ばれた優秀賞の中から最優秀賞が発表された。

映画『沈まぬ太陽』

 昨年は米アカデミー賞外国語映画賞にも輝いた映画『おくりびと』が事前の予想通り賞を総なめにしたが、今年は優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞に選ばれた映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』『沈まぬ太陽』『ゼロの焦点』『劔岳 点の記』『ディア・ドクター』の5作品をメインとした予測のつかないレースとなった。

[PR]

 ふたを開けてみると、作品賞を受賞したのは映画『沈まぬ太陽』で、そのほか主演男優賞、編集賞を受賞。この日最も多い、撮影賞、照明賞、録音賞、音楽賞、監督賞、助演男優賞の6部門を受賞したのが映画『劔岳 点の記』。次いで映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』は最優秀主演女優賞と美術賞を、映画『ディア・ドクター』は助演女優賞と脚本賞をそれぞれ2部門受賞。映画『ゼロの焦点』のみ、この日は無冠に終わる結果となった。

 当初は『劔岳 点の記』が次々と賞を獲得し、木村大作監督は「ここまできたら、(最後の作品賞を受賞して)全員で壇上に立ちたい!」とスピーチで何度も息巻いていた。しかし実際は最後に『沈まぬ太陽』が受賞し、壇上から主演の渡辺謙が「木村大作さん、すいません! 一番欲しかった賞なのでうれしいです!」とコメントすると、木村監督が「僕も取りたかった!」と口を挟み、会場は笑いに包まれた。

 そして最後に、鳩山由紀夫首相が受賞者を祝福するためにサプライズで登場。『沈まぬ太陽』のキャストやスタッフと壇上で並んだ鳩山首相は「皆さんおめでとうございます。作品の舞台となったJALは沈んじゃったような気がしないでもないけど(笑)、映画のタイトルにちなんでもう一度よみがえってもらいたい」と時事ネタで会場を沸かせた。そして、「渡辺謙さんも、かつて大きな病を克服した。あなたこそ、沈まぬ太陽だと思います!」と主演男優賞を獲得した渡辺を絶賛していた。

[PR]

受賞作品は以下のとおり。

【最優秀作品賞】
『沈まぬ太陽』
【最優秀監督賞】
木村大作『劔岳 点の記』
【最優秀主演男優賞】
渡辺謙『沈まぬ太陽』
【最優秀主演女優賞】
松たか子『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
【最優秀助演男優賞】
香川照之『劔岳 点の記』
【最優秀助演女優賞】
余貴美子『ディア・ドクター』
【最優秀脚本賞】
西川美和『ディア・ドクター』
【最優秀美術賞】
種田陽平矢内京子『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
【最優秀撮影賞】
木村大作『劔岳 点の記』
【最優秀照明賞】
川辺隆之『劔岳 点の記』
【最優秀録音賞】
石寺健一斉藤禎一『劔岳 点の記』
【最優秀編集賞】
新井孝夫『沈まぬ太陽』
【最優秀音楽賞】
池辺晋一郎『劔岳 点の記』
【最優秀アニメーション作品賞】
サマーウォーズ
【最優秀外国作品賞】
グラン・トリノ
【話題賞】
俳優部門:綾瀬はるかおっぱいバレー
作品賞:『アマルフィ 女神の報酬

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]