中谷美紀、現場で「監督の声が小さい…」とフラストレーション爆発!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつも美しい中谷美紀

 13日、東京・渋谷のシネマライズで映画『スイートリトルライズ』の初日舞台あいさつが行われ、中谷美紀大森南朋池脇千鶴、そして矢崎仁司監督が登壇した。

映画『スイートリトルライズ』写真ギャラリー

 会場となったシネマライズは中谷にとって、「あこがれの劇場」だそうで、いつになくうれしそうな表情。夫役の大森があいさつする姿をじっと見つめる場面もあり、「そんなに見ないで……」と大森を照れさせた。そんな中谷は、「監督の声が小さくて、何をおっしゃっているのか、必死に耳を傾ける日々だった」と現場を振り返り、クランクアップ後の打ち上げでは「フラストレーションを発散するかのように、監督の顔に落書きしました」と明かし、まるでいたずらっ子のような笑顔を見せた。

[PR]

 もちろん、矢崎監督との仕事には満足しているという中谷は、「そんな(物静かな)監督が撮ったからこそ、繊細(せんさい)で情緒あふれる作品に仕上がった。すぐに答えを出すのではなく、人間本来が持つ奥深さが描かれたと思う」とアピール。一方の矢崎監督も、「素晴らしい俳優さんの演技を間近で見させていただき、本当に幸せ者。僕自身は何もしていないで、ただ見ていました」とやはり言葉少なげに、公開初日の喜びをかみしめていた。

 『スイートリトルライズ』は江國香織による同名小説の映画化で、人気テディベア作家の瑠璃子(中谷)とIT企業に勤務する夫・聡(大森)が、すれ違いの夫婦生活を送る中で、別の異性に恋心を抱きつつ、思いやりのウソを重ねるという切ないラブストーリー。

映画『スイートリトルライズ』はシネマライズほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]