上野樹里、「のだめ」完結で涙ポロポロ!4年越しのクライマックスに「ズンとくる」!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
玉木宏と上野樹里

 6日、六本木ヒルズアリーナで映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の完成を記念したファンミーティングが行われ、上野樹里玉木宏瑛太水川あさみ小出恵介ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優福士誠治吉瀬美智子竹中直人武内英樹総監督、そして川村泰祐監督が登場。会場に招待された1,000人のファンから熱狂的に迎えられた。

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』写真ギャラリー

 のだめ役の上野は、アリーナに押し込まれ少々苦しそうに見えるファンに「大丈夫ですか~?」と元気に声を掛け、感謝の意味も込めて頭をペコリ。ついに完成した本作に「観ながらドキドキで、思わず動揺が出ちゃって。普段そういうことはないのに、感情が抑えきれず、涙がポロポロ出ちゃった」と客観視できなかった様子で、「4年かけた作品なので、ズンとくるものがありますね。一番印象に残ってるのは……やっぱり後編のラストです。どのシーンも心に焼きつく強さがある」と感慨深い表情を浮かべつつ、今シリーズ最大の見せ場はやはり映画だと自信のアピールだった。

[PR]

 この日はキャスト勢ぞろいとあって、次々と撮影中の思い出や裏話が暴露され、ファンも大喜び。ベッキーは横断幕を持ち、行進するシーンを振り返り、「足にポールがぶつかったとき、樹里ちゃんが氷を持ってきて、助けてくれた。それなのに、玉木さんは大笑いで。CMではあんなにさわやかなのに」と恨み節さく裂。吉瀬は、「わたしはシーズン1から出演させていただいて……」と、「のだめカンタービレ」と自分が出演したテレビドラマ「ライアーゲーム」を混同してしまい、思わず冷や汗を流した。また竹中は上野にキスしようと急接近する暴走ぶりで、上野はステージ上で逃げ惑っていた。

 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』は、日本中にクラシック旋風を巻き起こした人気コミックをテレビドラマ化し、好評を博した「のだめカンタービレ」の劇場版完結編。大好きな千秋(玉木)と距離を置くことになった天才ピアニスト(のだめ)が、演奏面でも壁にぶち当たり苦悩する。果たしてのだめが奏でる最終楽章とは?

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』は4月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]