市原隼人『ルーキーズ』安仁屋でファンサービス!『ボックス!』イベントは中高生が大絶叫!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ボックス!』で本格的なボクシングに挑戦した市原隼人

 5日、有楽町朝日ホールで映画『ボックス!』中高生限定友情試写会が行われ、市原隼人高良健吾児玉宣勝斎藤嘉樹三浦アキフミ川並淳一らが登壇した。

映画『ボックス!』写真ギャラリー

 5月5日、こどもの日を記念して行われた本試写会。映画の登場人物同様、青春真っ盛りの中高生を招待し、人生のアニキである市原たちが彼らの悩みに答えるという形でイベントは進められた。女子中高生を中心に満員となった会場内は、全員が学生服か部活動のジャージ姿で、熱気がムンムン。そんな中、市原たちが登場すると、並のアイドルのイベントでの歓声を遙かに凌駕(りょうが)するような、すさまじい歓声が上がっていた。壇上に立った市原は「自分の役者人生に残っていく作品になったと思います。本日は観ていただいてありがとうございました」とあいさつすると、その黄色い歓声の音圧は最高潮に達していた。

[PR]

 壇上に上ったボクシング部員たちとは、和気あいあいとした雰囲気。キャプテン役の児玉が「スーパーでうどんを買い込んでたときがあって。鼻うどんを一緒に練習したんです。そのとき健吾もホテルに着くというので、聞いたら健吾も鼻うどんをやると言って。11時くらいにみんなで鼻にうどんを詰めたときが、こいつらと仲良くやっていけるかもしれないな思った瞬間でした」と撮影の裏側を明かすと、市原も「台本に書いてあったから一生懸命練習しました」とコメントし会場は盛り上がった。

 その後、「友だちと同じ人を好きになった」「クラス替えで人見知りして友だちが作れない」といった会場内の中高生から悩み相談に、親身に熱く答える市原の姿に会場はその都度、「かっこいい!」「イッチー大好き!!」と大絶叫!! 再放送で「ROOKIES ルーキーズ」を観たばかりで感動した男子高校生が「夢にときめけ! 明日にきらめけ!」とドラマの名セリフを絶叫すると、思わず市原が演じていた安仁屋役に成り切って返事をしたり、「悩み相談じゃないんですけど、じゃんけんしてください」という女子高生に、気さくにじゃんけんに応じるなど、どこまでも元気な中高生パワーに笑顔が絶えない市原たちだった。

 本作は、百田尚樹の同名の人気小説を映画化した青春映画。高校のボクシング部を舞台に、天性のボクシングセンスを持つカブ(市原)と、彼に憧れ、ボクシングを始める優等生のユウキ。まったくタイプの異なる青年二人の熱い友情とそれぞれの挫折、栄光を描きだす。

映画『ボックス!』は5月22日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]