ジョン・ウーが上海国際映画祭の審査委員長に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョン・ウー監督

 映画『フェイス/オフ』や、『レッドクリフ』シリーズなどでおなじみのジョン・ウー監督が、上海国際映画祭の審査委員長を務めることになった。

映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』

 6月12日から20日まで開催されるこの映画祭には、国内外から300本もの映画が出展される。また、ウッディ・アレン監督の過去の作品が上映されることが決まっている。

[PR]

 ジョン・ウーは、その作品の中から、最優秀作品賞となる金爵賞を7人の審査員と共に選考することになっている。

 ジョン・ウーは、映画『男たちの挽歌』シリーズなどを香港で成功させた後、1993年にアメリカに渡り、映画『ブロークン・アロー』や『M:I-2』などの大作を手掛けてるなどして、世界的な知名度を持つ。現在、ミシェル・ヨーが出演する『レイン・オブ・アサシンズ / Reign of Assassins』(仮題)のプロデューサーを担当している。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]