北野武監督『アウトレイジ』、本選前の国際批評家連盟賞は逃す

第63回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
国際批評家連盟賞を受賞したスペイン出身の新人監督オリベル・ラセ - Photo:Harumi Nakayama

 第63回カンヌ国際映画祭本賞の発表を前に、現地時間22日、国際批評家連盟賞とエキメリック賞(全キリスト協会賞)の各賞が発表された。コンペティション部門の北野武監督『アウトレイジ』と、ある視点部門の中田秀夫監督『チャットルーム』も参考対象となっていたが、賞を逃した。受賞結果は以下の通り。

第63回カンヌ国際映画祭 コンンペ作

【国際批評家連盟賞】

[PR]

〈コンペティション部門〉

『オン・ツアー』(フランス) マチュー・アマルリック監督

〈ある視点部門〉

『アドリエンヌ・パル』(ハンガリー) アグネス・コチシュ監督

〈新人監督部門〉

『Todos vos sodes capitans』(スペイン) オルベル・ラセ監督

【エキュメリック賞】

『オブ・ゴッド・アンド・メン』(フランス) グザヴィエ・ボーヴォワ

〈スペシャル・メンション〉

『アナザー・イヤー』(イギリス) マイク・リー監督

『ポエトリー』(韓国) イ・チャンドン監督

(取材・文:中山治美)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]