三浦友和、山口百恵の次男、三浦貴大が主役に大抜擢!!映画『BADBOYS』で不良役に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『BADBOYS』の主役に大抜てきされた三浦貴大

 1988年から1996年までヤングキングに連載され、累計発行部数は約4,000万部、原作者の携帯ブログは、有料にもかかわらず、今もなお15,000人が登録しているという人気漫画を映画化した2011年1月公開予定の映画『BADBOYS』で、三浦友和山口百恵夫妻の次男、三浦貴大が主役に大抜てきされた。(部数、登録数は配給調べ)

三浦貴大の銀幕デビュー映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』写真ギャラリー

 『BADBOYS』の舞台は、原作者の出身地である広島。三浦は、広島ナンバーワンの暴走族で最も怖れられた男、野村豊を演じる。ストーリーは、三浦演じる野村と、お坊ちゃま育ちながらも弱小暴走族、極楽蝶の8代目頭を襲名し、極楽蝶を広島ナンバー2の座に押し上げた桐木司が広島を牛耳ろうとする「狂連合」に立ち向かうというもの。

[PR]

 三浦は今回の抜てきについて、「アクションシーンに挑戦するのは初めてなので頑張りたい」とアクションシーンに緊張感を覚えている様子。「自分と違ったキャラを演じるのは面白く感じる。この作品を通じて役者として成長していきたい」と意気込みを語っている。

 そのほか本作では、映画『クローズZEROII』の阿部進之介、テレビドラマ「侍戦隊シンケンジャー」の鈴木勝吾、テレビドラマ「インディゴの夜」の徳山秀典、映画『デトロイト・メタル・シティ』の細田よしひこといった注目の新進俳優が脇を固めている。また、豪華脇役陣、サプライズ特別出演も計画されているというから、注目だ。

 5月29日に公開された映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で銀幕デビューを飾った三浦が早くも抜てきされた大役。今後の三浦の活躍に期待は高まるばかりだ。

映画『BADBOYS』は2011年1月公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]