AKB48仲川遥香が拷問演技に苦悶の表情!全裸の刑からウジ虫まで食べる壮絶もので映画初出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
血まみれで迫真の演技!!-仲川遥香

 国民的アイドルAKB48内のユニット、渡り廊下走り隊のメンバー二人(菊地あやか仲川遥香)が主演する映画『×ゲーム(バツゲーム)』の撮影が東京都奥多摩市内の旧小学校校舎跡地で行われ、仲川が出演する拷問シーンの撮影風景が報道陣に公開された。

 映画『×ゲーム(バツゲーム)』は、累計50万部を超える山田悠介の同名小説が原作。監禁教室に拉致されてしまった若者たちが、小学校時代にいじめられていたクラスメートの復讐(ふくしゅう)劇に巻き込まれていくというハードサスペンスだ。本作の特徴は、何と言っても残虐な罰ゲームの数々、智絵(仲川)たち4人の若者たちが受ける拷問の数々はあまりにも痛々しく、思わず目を背けてしまいそうな迫力となっている。

 中でも覆面姿の男たちによって、智絵の白いうなじに焼きゴテが押し当てられる、というシーンが仲川にとって特に印象的だったそう。「あのシーンは悲惨ですし、自分でも痛々しいと思います。このシーンでは泣き叫ばなければいけなかったのですが、監督は『大丈夫、仲川なら120%の力が出せるから』と言ってくださって。そして、撮影が終わると『120%を超えた! 天才だ』って褒めていただきました(笑)」と無邪気に振り返る。タイトなスケジュールの中、ハードな撮影が続きスタッフの疲労もピークに達していたが、みんな元気いっぱいの仲川の明るさに励まされている様子だった。

[PR]

 さらに、この日に行なわれた撮影のハイライトは「給食の刑」と呼ばれる罰ゲームの撮影。目の前に出された給食のピラフの上にウジ虫が乗せてあり、男子学生がそれを食べることを強要されるというシーンだ。撮影では、本物のウジ虫が数十匹、ピラフの上にうごめいており、非常にグロテスク。それを見た仲川も「めちゃめちゃ動いてる! 気持ち悪い~!」と素で大絶叫!! 仲川が劇中で見せる、恐怖におののく表情は非常にリアリティーにあふれているが、それも納得! その他、劇中に登場するのは「アツアツぞうきんの刑」「全裸の刑」「スイカ割りの刑」など世にも恐ろしい罰ゲームの数々で、思わず背筋が凍りそうだ。

 仲川にとっては映画初挑戦であり、新境地となりそうな本作だが、「撮影では、舞台と違っていろいろな角度から撮られることを意識していました。これからもいろいろな表現を学んで、映画にも挑戦してみたいです」と抱負を語る仲川の今後の女優人生にも期待したい。

 最後に「AKB48 17thシングル 選抜総選挙」開票イベントで第20位を獲得した仲川に現在の心境を聞いてみた。「今まで一回も選抜に選ばれたことがなかったので、うれしい気持ちが大きかったです。選抜は常連の娘が多いので、その中で埋もれないように、常連になれるように誰よりも輝きたいなと思いますし、今まで支えてくださったファンの方にも恩返しをしたいなと思います。投票したのに全然駄目じゃんと言われないように、頑張りたいです!」と決意を新たにしていた。

映画『×ゲーム(バツゲーム)』は9月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]