シネマトゥデイ

寺島しのぶ、銀熊賞を受賞したのに、ヌードばかりが話題になって「本当にショック」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
でも笑顔で銀熊賞トロフィーを披露! 寺島しのぶ

 15日、第32回ぴあフィルムフェスティバル開催中の東京国立近代美術館フィルムセンターで映画『キャタピラー』の特別先行上映会が行われ、主演の寺島しのぶ大西信満、そして若松孝二監督が舞台あいさつに立った。寺島は本作で第60回ベルリン国際映画祭の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞したが、日本ではヌードや濡れ場ばかりが話題になってしまい「せっかく称賛されたのに、やれ脱いだのなんの言われて、本当にショックだった」と告白した。

映画『キャタピラー』写真ギャラリー

 寺島は、戦地から四肢を失った姿で生還した夫(大西)を献身的に支える妻を体当たりで熱演。海外での上映に立ち会ったという寺島は、「みなさんが『こんな勇気ある日本の戦争映画を観るのは初めて』と言ってくださる。海外に暮らす人のほうが、戦争の恐ろしさをよくわかっているのかしれない」と語る一方で、「日本に帰ってくると、『寺島さん、また脱いだんですか?』って話ばかり」と悔しさをにじませた。

[PR]

 若松監督は「ダメもとでオファーしたら、受けてくれて驚いた。寺島さんじゃなければ、まるっきり違う映画になったろうし、起用できた時点で映画は70パーセント出来上がった」と当初から寺島以外は考えられなかった様子。予算の関係で、メイク係はおろか、マネージャーの同伴さえNGという厳しい現場だったというが、寺島は「声をかけてもらっただけでうれしかった。台本を読んで、セリフ以上に余白の部分が強くて、その余白を演じたいと、いてもたってもいられなくなった」と振り返った。

 『キャタピラー』は、映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』など独特の視点で問題作を発表し続ける若松監督が、戦争の愚かさと悲しみを描いた反戦ドラマ。若松監督は「この映画を通して、正義のための戦争などないと訴えたい」と力強く語っていた。

映画『キャタピラー』は8月14日より全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]