『トイ・ストーリー3』のマイケル・キートン 俳優を休業した理由は飽きたから

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・キートン

 映画『バットマン』『バットマン・リターンズ』のマイケル・キートンが、俳優として絶頂期だったときに休業をしたのは、仕事に飽きたからだと語った。

マイケル・キートン声の出演映画『トイ・ストーリー3』写真ギャラリー

 「休業した1つの理由は、単に飽きたから。同じような役で同じような演技を繰り返しているだけで、以前は楽しいと思っていたことが楽しめなくなったんだ」と語る。もう一つの理由は子どもを育てることに集中するためだったらしい。マイケルには現在27歳になる息子のショーンがいるが、元妻キャロライン・マクウィリアムズと共同親権を持っている。「あのころはフルタイムで子育てをしていた。ショーンは半分は妻のところにいて、もう半分は僕と住んでいた。だから、一緒にいる間は映画の撮影を入れないことにしたんだ」とコメントしている。

 一時はハリウッドに飽きたマイケルだが、『トイ・ストーリー3』でケンの声優をオファーされたときは大喜びしたという。「『ミスター・インクレディブル』とか、ピクサーの映画は観たときには『これはすごい。これまで観た映画の中でも最高の部類に入る』って思ったね。だから、このオファーをされたときには、二つ返事でOKしたんだ」とマイケルは語っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]