『踊る3』動員360万人、興収47億円を突破!織田裕二、1日10回の大ヒット御礼舞台あいさつを敢行!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大ヒットに感無量! 織田裕二

 27日、織田裕二が主演映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』大ヒットに感謝して、本広克行監督、亀山千広プロデューサーと共に1日10回の御礼舞台あいさつを行った。同じ日に出演俳優が10回の舞台あいさつをするのは東宝では初。本作は公開25日目となるこの日ついに動員360万人、興行収入47億円を突破している。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』写真ギャラリー

 当日、織田はまず有楽町・TOHOシネマズ日劇で2回、続いて六本木・TOHOシネマズ六本木で4回、お台場・シネマメディアージュで4回という1日10回の舞台あいさつを敢行。10回目のラストとなったあいさつで、観客から大歓声のスタンディングオベーションで迎えられた織田は「(声援から)かなり元気をもらいました。ありがとう! こういうのがあるから、映画作りは止められない!」と感無量の表情でファンに感謝を告げた。

[PR]

 さらに、イベント中は3人が観客からの質問に直接答えるコーナーも設けられたが、質問者が自身の本作に対する熱い思いや感想を延々と語り、結局質問にならず3人が思わず笑ってしまう場面も。ファンから「隠れた見どころは?」と聞かれた本広監督は、「実は亀山さんの息子と、わたしの息子も出演しています(笑)」と語り、会場がどよめく一幕もあった。

 フォトセッションの後、最後に再びコメントを求められた織田は「最初は『あいさつを10回もやって、人が集まってくれるのか?』と思った。でもこんなに温かい拍手で迎えられて元気をもらって……このお礼を作品でお返ししなきゃいけないですね」と次回作への意欲もにじませ、「またね!」と手を振りながら名残惜しそうに去っていった。

 『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』は過去2作がいずれも興行収入100億円を超えた大ヒットムービー『踊る大捜査線』シリーズの第3弾。強行犯係係長に昇格した青島(織田)が、新しい湾岸署への引っ越しを命じられる中、数々の事件に巻き込まれる様を描く。キャストは織田のほか深津絵里ユースケ・サンタマリア柳葉敏郎らが続投し、内田有紀小栗旬と故いかりや長介が演じた和久平八郎のおいっ子役として伊藤淳史が加わっている。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]