AKB48仲川遥香、過激な内容、過激な撮影がむしろ楽しかった…キツかったのは監督のアレ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コンサートのような熱気です!(左から)AKB菊地、荒木宏文、AKB仲川

 過激な描写が早くも話題の映画『×ゲーム(バツゲーム)』の初日舞台あいさつが18日、東京・シネマート新宿で行われ、荒木宏文(D-BOYS)、菊地あやか(AKB48/渡り廊下走り隊)、仲川遥香(AKB48/渡り廊下走り隊)、三上真史(D-BOYS)、相島一之鶴見辰吾、主題歌を歌う++Plus、そして福田陽平監督が登壇した。

映画『×ゲーム(バツゲーム)』写真ギャラリー

 AKB48、そしてD-BOYSというまさに旬なユニットのメンバーが登壇するとあって、客席には多くのファンが。特に菊地に対しては、「あやりん愛してる、あやりんしか見えない!」と野太い声援が飛び、まるでコンサートのような熱気だった。当の菊地は少し緊張した様子。その理由を「心から素直にうれしいけど、『海猿』と同じ公開日っていうのがちょっと……」と説明したほか、ロケ現場のトイレに蛾(が)が何十匹もいて怖かったと明かした。

[PR]

 一方、仲川は「スケジュールはタイトでしたが、結構楽しく撮影させていただきました」とケロリ。荒木らほかのキャスト陣が、スケジュールの厳しさに音を上げそうになったのとは対照的で、ドMな素顔を披露!? と思いきや、「監督が現場で見せてくれた一発芸がきつかった」「もしこの映画がヒットしなければ、バツゲームでモノマネ大会をしたい。全体責任なので、全員参加。わたしはそれを見物します」などと発言し、ドSキャラに変身。二つの顔を使い分け、周囲を翻ろうする仲川だった。

 『×ゲーム(バツゲーム)』は若者に絶大な人気を得る山田悠介原作のサスペンス・ホラー小説を映画化。小学校時代のいじめに端を発する復讐(ふくしゅう)劇に巻き込まれ、残忍な“×ゲーム”に参加を余儀なくされる青年たちの苦闘を描く。23日には、渋谷TOEI(2)で“キスおばちゃん”こと浅見千代子が登壇し、抽選で1名にキスをお見舞いする「罰ゲームチュー(抽)選会」が実施される。

映画『×ゲーム(バツゲーム)』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]