アカデミー賞への切符、トロント映画祭の観客賞が決定!【トロント映画祭】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今年のアカデミー賞の目玉となるか? 映画『キングス・スピーチ / KING'S SPEECH』(原題)

 トロント映画祭の観客賞が9月19日(現地時間)発表された。大賞に選ばれたのは映画『キングス・スピーチ / KING'S SPEECH』(原題)。監督はトム・フーパーで、主演はコリン・ファース。現イギリス女王のエリザベス2世の父親、ジョージ6世を主人公にしたこの物語は、時代ものでありながらも、物語の焦点はあくまでも、言語障害だったジョージ6世が、それを克服し演説をするまでを描いた、普遍的かつ感動的な物語だ。ヘレナ・ボナム・カーターの演じた妻の渾身的な姿もまた素晴らしい。

この作品は、トロント映画祭で上映されて以来早くから、アカデミー賞において、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演女優賞など、あらゆる部門でノミネートの可能性がある作品として注目されてきた。トロント映画祭は、本当の観客が決めた市民による賞があることが特徴的。去年観客賞を受賞した映画『プレシャス』に始まり、その前の年は『スラムドッグ$ミリオネア』など、この映画祭で観客賞を受賞すると、アカデミー賞に必ずノミネートされるとの定評もある。『キングス・スピーチ / KING'S SPEECH』(原題)の今後の評判に要注目だ。(取材・文:中村明美)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]