福岡の女・吉瀬美智子が凱旋舞台あいさつを敢行!魔性の女役にも安心して臨めた?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
地元での舞台あいさつにリラックスして登壇した吉瀬美智子

 10月9日に公開される映画『死刑台のエレベーター』で、主演を務めた吉瀬美智子が、メガホンを取った緒方明監督と共に、出身地・福岡で舞台あいさつ付き試写会に登壇し、地元凱旋(がいせん)を果たした。

映画『死刑台のエレベーター』写真ギャラリー

 本作は、ヌーベルバーグの傑作と評されるルイ・マル監督の同名サスペンスを、世界で初めてリメイクし、愛の欲望に運命を狂わせ、もがき、さまよう男女の姿を描いた作品。本作で吉瀬は、魔性の女にふんしたが、そんな今回の役どころについて、「不倫して、殺人を促す恐ろしい女性ですからね(笑)。でも、好きな人に好きという、いちずで真っすぐなところがあって、恋する女って強いんだなあと感じました」とコメント。しかし、監督の「とにかく心身共に健康な状態で現場に来てくれればいい」という言葉のおかげで、魔性の女役も、安心し切って臨めたそうだ。

[PR]

 舞台あいさつでは、「昨今、リメイクは多いが、失敗作が多かった。それは、無理に新しいことをやろうとし過ぎるから。オリジナルの魅力を壊さずになおかつ、『いま』を取り入れることが大切。作品の普遍的な良さをルイ・マルから引き継いで作ろうと心掛けました」と自信を込めて語った緒方監督が、吉瀬を「『福岡の女だな』とつくづく思いました(笑)サバサバしているし、演出していて楽しかった」と評していたのが印象的だった。福岡の女・吉瀬が、魔性の女になり切った『死刑台のエレベーター』には、ほかに若手演技派の玉山鉄二、人気急上昇中の北川景子が出演しており、もう一つの殺人事件に手を染めるカップルを鮮烈に演じている。

映画『死刑台のエレベーター』は10月9日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]