AKB48と文豪・泉鏡花の奇跡の融合!ポップな踊りと妖艶な表情で新境地を魅せる!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
妖艶に熱演中!!

 30日、新大久保の東京グローブ座で音楽劇「ACT 泉鏡花~妖しのポップファンタジー~」の公開稽古(けいこ)が披露された。この芝居は、木の実ナナ近藤正臣、AKB48の秋元才加仲川遥香片山陽加佐藤亜美菜、SDN48の浦野一美という異色の競演が話題となっており、この日の稽古(けいこ)ではAKB48メンバーたちが妖艶な魅力を発揮していた。

 稽古(けいこ)直前に報道陣の取材を受けた秋元は「すばらしい舞台になりました。アイドルと舞台人との融合を見ていただけるよう頑張ります」と意気込みを見せていたが、緊張がピークにきたのか、どこか固い表情。うっかり「たくさん学ぶことは多かったですけど、明日の千秋楽には……」と初日と千秋楽を言い間違えてしまうと、お笑い偏差値の高いAKB48らしく、全員から一斉に「早いよ!」と突っ込みを受けていた。しかし緊張しているのは秋元だけではないようで、仲川も「わたしも緊張しています。けっこうピークにきています」とコメントするなど、心臓がドキドキしている様子がこちらにも伝わってくるようだった。また、佐藤は「わたしは舞台好きなんですけど、3分くらい意識がないときもあるんです。でもこの舞台は寝どころはないですよ!」と突っ込みどころ満載のアピールで、会場を笑わせていた。

 その後は、最初から最後まで演じきるという「通し稽古(けいこ)」を報道陣に披露。舞台では、「湯島の境内」や「天守物語」といった泉鏡花の作品をベースにした幻想的物語がダンス、音楽を交えながら妖艶かつポップに展開。共演する木の実、近藤といった実力派俳優たちとの息もピッタリで、鏡花の妖艶(ようえん)な世界観をポップに表現していた。稽古(けいこ)前は「緊張する」とナーバスになっていた様子のメンバーたちだったが、さすがAKB48劇場で舞台慣れしているだけあって、舞台では堂々とした芝居を披露。フレッシュな表情から妖艶(ようえん)な表情まで、さまざまな表情を見せていた。泉鏡花の言葉と音楽を融合させ、それを俳優の声と身体で表現するという音楽劇である本作。まさに彼女たちの新境地となりそうな舞台だ。

音楽劇「ACT 泉鏡花~妖しのポップファンタジー~」は10月1日から10日まで東京グローブ座にて公演
その後、仙台、名古屋、長崎、京都、そして泉鏡花の故郷である金沢でも公演が行われる予定

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]