新『スーパーマン』の監督が決定!『ガフールの伝説』のザック・スナイダーに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
俳優でもいける!ハンサムなザック・スナイダー監督

 映画『スーパーマン:ザ・マン・オブ・スティール/Superman: The Man of Steel』(原題)を映画『300 <スリーハンドレッド>』『ウォッチメン』のザック・スナイダーが監督することが決定した。

ザック・スナイダーが監督した映画『ガフールの伝説』写真ギャラリー

 スナイダー監督は米MTVニュースのインタビューに答え、「みんなはなぜスーパーマンのリメイクをするのかと当然思うだろう、それは監督として望むところでもある」とすでにやる気は十分の様子だ。

[PR]

 本作は映画『インセプション』を監督したクリストファー・ノーランがエグゼクティブプロデューサーとして参加し、デヴィッド・S・ゴイヤーがクリストファー・ノーランと共に原案を書き、ゴイヤーとジョナサン・ノーランが脚本を担当するという強力なチームがすでに組まれている。スナイダー監督は「彼らは(原案・脚本)素晴らしいストーリーを作った、うまくいくはずさ」と話し、頼もしい仲間に囲まれていれば、オリジナルとの比較も怖くない! といったところだろうか。クリストファー・ノーランは映画撮影や編集の過程にも関わる可能性が高く、「彼を本当に尊敬しているので、そうなればいいと思う」とスナイダー監督もノーランの参加を喜んでいるようだ。

 制作チームはノーランをはじめ、「バットマン」シリーズを手掛けたメンバーばかり。陰のヒーローと、正統派のヒーロー「スーパーマン」という正反対のキャラクターたちをどのように見せるのか期待したい。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]