マリリン・モンローがよみがえる!ミシェル・ウィリアムズ版モンローは知的な印象?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミシェル・ウィリアムズが演じるマリリン・モンロー - 写真:Splash/アフロ

 マリリン・モンローの伝記映画『マイ・ウイーク・ウィズ・マリリン/My Week with Marilyn』(原題)の撮影がロンドンで開始され、ミシェル・ウィリアムズが演じるモンローの姿が初お目見えとなった。

ミシェル・ウィリアムズが出演した映画『脳内ニューヨーク』場面写真

 ウィリアムズはブロンドヘアの持ち主であり、ショートヘアにしていることも多かったが、モンローのようなセクシー系というよりはキュートな身近さが彼女の魅力であり、モンロー役には賛否両論であった。撮影現場にモンローの姿になって現れたウィリアムズは、プラチナ・ブロンドがよく似合っているが、実際のモンローよりお堅い印象? モンローの魅力の一つである天真らんまんな女性らしさはあまり感じられない。とはいえ、映画『ブロークバック・マウンテン』では米アカデミー賞助演女優賞にもノミネートされたウィリアムズ、演技力でモンローに近づくことを期待したい。

 本作はイギリスの名優ローレンス・オリヴィエのもとでアシスタント・ディレクターとなったコリン・クラークの日記をベースに、1957年の映画『王子と踊子』でオリヴィエと共演するためにロンド ンに滞在したモンローの様子を描いていく内容だ。コリン・クラークの日記本「ザ・プリンス、ザ・ショウガール アンド・ミー」(原題)は、彼が亡くなった後に出版されたが、当初空白の一週間分の日記があった。のちのちその一週間分が発見されて、追って出版されている。本作では後から発見された一週間を題材にしている。映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーこと、エマ・ワトソンがルーシーという衣装アシスタント役を演じることでも注目されている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]