『ハリー・ポッター』のトム・フェルトン、「映画への出演と引き換えに子供時代を失った」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いろいろと心配もあるようで……。-トム・フェルトン

 映画『ハリー・ポッター』シリーズでドラコ・マルフォイを演じているトム・フェルトンが、映画への出演と引き換えに子供時代を失ったと語った。

トム・フェルトン出演映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』場面写真

 「撮影が終了したことで、いろいろな感情が交錯している。さびしさもあるし、興奮もしている。ここ10年、ほかの仕事をする機会があまりなかったし、髪の色を変えたり、日光浴をしたり、スキーのように少しでも危険なスポーツをする自由は一切なかった。子供らしい子供時代を送れなくても、有名になって、高額な出演料がもらえたから十分だろうという人がいるけど、子供時代に値段をつけるなんてばかげている。あの年月は二度と取り返せないし、値段がつけられるものじゃないよ」と、コメントしている。

 トムは子供時代を失った上に、今後の仕事の心配もしているという。「10年間、確実に仕事が入っていたから、今後のことは心配だよ。将来的に仕事がもらえるとは限らないからね。僕が最後にオーディションを受けたのは12歳のときで、その生活に戻るのは楽じゃないよ。この間、オーディションを受けるために2週間ほどロサンゼルスに行ったんだけど、終わった後、気を失うかと思うくらい緊張した。脚がガクガクして、水を3杯も一気飲みしたくらいさ」と語り、今からがスタートといった感じだ。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]