ロマン・ポランスキー監督の新作、ヨーロッパ映画賞にノミネート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロマン・ポランスキー監督

 ロマン・ポランスキー監督の映画『ザ・ゴースト・ライター/The Ghost Writer』(原題)が、ヨーロッパ映画賞で作品賞、主演男優賞などのノミネートを受けた。

ロマン・ポランスキー監督映画『オリバー・ツイスト』写真ギャラリー

 本作はロバート・ハリスの小説を元にした作品で、イギリスの前首相のゴーストライターとして雇われたジャーナリストの姿を描く物語。主演のユアン・マクレガーは最優秀男優賞にノミネートされているほか、本作はその他4部門でノミネートを受けている。

 フランス在住のポランスキー監督は、2009年9月にチューリッヒ映画祭出席のためスイスを訪れた際、30年以上前の1977年にアメリカで少女への強姦罪などに問われた件でスイス当局に身柄を拘束され、2010年7月までスイスに軟禁状態となっていた。この映画はポランスキー監督がスイスで拘束された時点でほぼ完成しており、製作に支障は出なかった。第60回ベルリン国際映画祭では銀熊賞の最優秀監督賞を受賞しており、ヨーロッパ映画賞でも高い評価が期待されている。授賞式は12月4日にエストニアで行われる予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]