「コッポラの黙示録」でエミー賞を受賞したジョージ・ヒッケンルーパー監督、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りいたします。-ジョージ・ヒッケンルーパー監督 - Matt Carr / Getty Images

 映画『地獄の黙示録』のドキュメンタリー、「ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録」でエミー賞を獲得したジョージ・ヒッケンルーパー監督が亡くなった。47歳だった。

ジョージ・ヒッケンルーパー監督映画『ファクトリー・ガール』写真ギャラリー

 E!オンラインによると、ジョージはケヴィン・スペイシー主演の最新作『カジノ・ジャック / Casino Jack』(原題)のプレミアのために訪れていたコロラド州デンバーで亡くなっているのが発見されたという。デンバーの市長で、ジョージの従兄弟であるジョンは、死因は自然死だと思われるとの声明をだしている。ジョージの作品は日本では多くが劇場未公開に終わっているが、シエナ・ミラー主演の2006年の映画『ファクトリー・ガール』は彼の監督作品。また、音楽ドキュメンタリーの『メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ』では、監督のほか、脚本と出演もしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]