制服美少女9人プラス美少年1人!波瑠、未来穂香らが清楚に「みなさん、ご機嫌よう」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
圧巻!! 制服美少女プラス美少年

 累計540万部を誇るライトノベルを実写化した映画『マリア様がみてる』の初日舞台あいさつが6日、東京・シネマート新宿で行われ、ダブル主演の波瑠未来穂香をはじめ、平田薫滝沢カレン秋山奈々坂田梨香子高田里穂三宅ひとみ広瀬アリス碓井将大(D-BOYS)ら総勢10名のキャストが勢ぞろいした。

映画『マリア様がみてる』写真ギャラリー

 お嬢様学校を舞台にした本作。主演の波瑠が「みなさん、ご機嫌よう」と役柄そのままに清楚(せいそ)なあいさつをすると、後に続く未来らも「みなさん、ご機嫌よう」と“先輩”にならいごあいさつ。場内が名門女子校のような雰囲気に包まれるなか、ただ一人の男子である碓井も「ご機嫌よう」と照れくさそうにあいさつし、客席を和ませた。

[PR]

 大ベストセラーの実写化とあって、各出演者のプレッシャーも相当だったといい、波瑠は「原作ファンの方もたくさんいるし、ハードルが高いなと思った」と撮影前の不安をポロリ。それでも「撮影中はどんどんやせていきましたが(笑)、みなさんのおかげで、やり遂げることができた」と共演者をたたえると、未来は「現場で先輩方の演技を勉強させてもらった」とこちらも役柄そのままの優等生発言だった。

 一方、終始居心地が悪そうな碓井は「最初はうれしかったです。でもだんだんさみしくなって、最後のほうは男性の助監督さんとずっとしゃべっていた」と女の園での孤独を明かしていた。

 『マリア様がみてる』は学生が自主運営する「姉妹(スール)」システムを持つ日本屈指のお嬢様学校リリアン女学園を舞台に、筋金入りのお嬢様の上級生(波瑠)と、彼女から淑女としての指導を受けることになった平凡な下級生(未来)の、学園祭に向けてのドタバタの数日間を描く学園ドラマ。

映画『マリア様がみてる』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]