キャリー・マリガン、ハーパー・バザー誌が選ぶ「ベストドレッサー」ナンバーワンに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベストドレッサーに選ばれたキャリー・マリガン - Jason Merritt / Getty Images

 キャリー・マリガンがハーパー・バザー誌12月号の発表した「2010年の女性ベストドレッサー」投票で1位を獲得した。

キャリー・マリガン出演映画『17歳の肖像』場面写真

 この投票は、同誌の編集者やモデル、デザイナーや女優らから成る審査員らが、20代から60代のセレブのなかから現代のイギリス・ファッションを体現しているトップ20を選んだもの。1位に輝いたキャリーは、2009年の映画『17歳の肖像』でアカデミー主演女優賞にノミネートされるなど注目を浴びたが、この1年、公の場に出るときはランヴァンやシャネル、プラダやミュウミュウ、ニナ・リッチ、ボッテガ・ヴェネタなど様々なブランドの服を着こなしてきた。審査員からは、「60年代のゴダール映画に出てくる若手女優のよう。しかも完璧にモダン版」と賛辞を受けている。

 キャリーに続く2位には、ファッション・アイコンとして君臨するヴィクトリア・ベッカム、3位にはモデルでデザイナーのヤスミン・ル・ボンがランクイン。トップ20のなかには、クリスティン・スコット・トーマスティルダ・スウィントンケイト・モスやステラ・マッカートニー、シエナ・ミラーらがランクインしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]