3Dアニメ『メガマインド』が2週連続全米第1位!デンゼル・ワシントン&ハリソン・フォードも完敗! -11月15日版

全米ボックスオフィス考

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今週第2位の映画『アンストッパブル』より - (C) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX

 今週の全米ボックスオフィスは、3Dアニメ映画『メガマインド / Megamind』(原題)が、2,912万ドル(約24億7,520万円)をたたき出して、2週連続堂々のナンバーワンに輝いた。(1ドル85円計算)

今週第2位の映画『アンストッパブル』場面写真

 デカ頭に青いボディーのメガマインドは、宿敵で正義の味方メトロマンを倒してしまってから生きがいをなくしてしまって途方に暮れてしまうというユニークな内容の本作は、依然として3,949館・7,300スクリーンにて大ロードショーを敢行中。総合収益の64パーセントが3D上映からという統計が出ており、公開後10日間にして8,880万ドル(約75億4,800万円)の興行収入を上げて、昨今の3Dアニメのパワーを見せ付けている。今週末より公開される映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』を目前にしてラストスパート! といったところである。

[PR]

 さて、デカ頭の宇宙人に第1位を持っていかれてしまったのはデンゼル・ワシントンクリス・パイン主演の映画『アンストッパブル』。実話に基づいた迫力満点のアクション・スリラーだが、『メガマインド / Megamind』(原題)の3Dアニメ・パワーには一歩及ばず、週末興行成績は2,269万ドル(約19億2,865万円)止まりとなった。

 とはいうものの、ここ数年デンゼルの公開作品がその週末に2,000万ドル(約17億円)を超えていることが多く、本作もその例に漏れなかったことから、彼の衰えぬ人気の程を改めて証明したといえよう。配給20世紀フォックスによる観客調査によると男女の割合は半々で全体の65パーセントが25歳以上であったとの結果が報告されている。

 第3位は、先週の第2位から1ランクダウンの映画『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』で1,542万ドル(約13億1,070万円)の売り上げ。52.8パーセントの売り上げ減で、デビュー2週目における総合売り上げは5,890万ドル(約50億650万円)となっている。記憶に新しい類似ジャンル作品で、大ヒットコメディー映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の週末2週目落下率27.1パーセントと比べると、残念ながらかなり落ち方が速い。

 今週の初登場第4位は、映画『スカイライン / Skyline』(原題)で1,169万ドル(約9億9,365万円)の売り上げ。映画『インデペンデンス・デイ』を感じさせるSFX満載の作品だが、『インデペンデンス・デイ』と、この『スカイライン / Skyline』(原題)の大きな違いは出演スターたちの知名度である。『インデペンデンス・デイ』には人気俳優ウィル・スミスや当時人気者だったビル・プルマンジェフ・ゴールドブラムなどが出演しておりメジャー度が高かったが、『スカイライン / Skyline』(原題)の出演者は、主役エリック・バルフォーが人気テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」シーズン6のマイロ役でおなじみという程度を除いて、ほかの出演者たちは映画業界では無名に近いテレビ俳優ばかりである。

 実はこの映画の監督コリン・ストラウスは、映画『アバター』『2012』などを担当したハイドラックスという視覚効果の制作会社の現役クリエイティブ・ディレクター。この『スカイライン / Skyline』(原題)は彼が手掛けた初の本格的劇場映画で、作品を観ると残念ながらストーリーの語り方に監督としての経験の浅さが露見している。この作品の売り上げ結果からいえるのは、やはり映画は特撮だけで成り立つものではないということである。

 今週のトップ5最後を飾るのは、こちらも初登場で920万ドル(約7億8,200万円)の興行成績を収めた映画『恋とニュースのつくり方』。この作品は、ハリソン・フォードダイアン・キートンが低視聴率にあえぐニュース番組の口論ばかりしている司会を好演しており、これだけ聞くと結構面白そうなのだが、この映画の真の主人公は、ニュース番組のやり手プロデューサーを演じるレイチェル・マクアダムス。ハリソンとダイアンが出演しているのに実質上の主役ではない作品なんて、何とも時の流れを感じさせるキャスティングだが、興行収入の結果から判断するにこの世代交代劇ともいえる配役に対して、一般映画ファンはやや難色を示したようである。

 さて、次回のチャート予想に移るが、これはもういうまでもなく今週末封切りの映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』がトップを飾ることは確実といってもいい。3Dバージョンが間に合わないとワーナー・ブラザーズが発表したことから、3D作品でなくなってしまった本作だが、そんなこととは無関係にファンはこぞってこの作品を観るために劇場に詰め掛けること請け合いである。

 今週末はハリポタのほかにラッセル・クロウ主演の小粒映画『ザ・ネクスト・スリー・デイズ / The Next Three Days』(原題)という映画もスタンバっているが、スリラー系作品のためラッセルの出る映画にしてはファンの期待する派手さに欠けており、ハリポタ新作と現在のトップ5作品を前にどこまで上位に食い込めるかが注目される。(文・取材: アケミ・トスト/Akemi Tosto)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]