しょこたん、「貪欲」つながりで初挑戦決定!ディズニー新ヒロインのボイスキャストに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“髪長姫”にピッタリな中川翔子! - (C) Disney Enterprises, Inc.

 「貪欲」を座右の銘とするしょこたんこと中川翔子が、ディズニー長編アニメーション第50作記念作品となる映画『塔の上のラプンツェル』のヒロイン、ラプンツェルの声を担当することがわかった。中川にとって、長編アニメーション主役の声を務めるのは、今回が初めてとなる。

映画『塔の上のラプンツェル』場面写真

 「決定した瞬間は時が止まったように感じました」と語る中川。この大抜てきは、本作の宣伝プロデューサーがアメリカ本社で作品を見た瞬間に、「しょこたん以外考えられない!」と思ったことから実現。「貪欲」をキーワードに何事にも恐れず新しいことにチャレンジし、自分らしさを追い求める中川の姿が本作のヒロインと一致した。

[PR]

 全スタッフから満場一致のラブコールを受けた中川は、「ディズニーアニメーションということだけでなく、50作目の記念作品ということでプレッシャーや緊張もある」と率直な胸の内を明かした。しかし台本を読み、ラプンツェルの冒険に胸が高鳴ったといい、「すばらしくビックバン! 感動しました!!」と中川らしい表現で前向きな意気込みを見せた。毎日インスピレーションを高めて貪欲に取り組むと宣言した中川。劇中でキャラクターにどのような命を吹き込むのか、楽しみだ。

 『塔の上のラプンツェル』は、“髪長姫”としても知られるグリム童話のヒロイン・ラプンツェルが、自身の殻を破り、勇気と好奇心を持って新世界へ飛び出す姿を描く感動アドベンチャー。グリム童話から誕生したまったく新しい物語で、映画『ボルト』のバイロン・ハワードネイサン・グレノが共同監督を務め、ウォルト・ディズニー生誕110周年にあたる来年、3月に公開される。

映画『塔の上のラプンツェル』は2011年3月12日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]