グウィネス・パルトロー、アメリカとイギリスのアクセントを使い分ける子供に苦笑

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
グウィネス・パルトロー - Dimitrios Kambouris / Getty Images

 イギリスとアメリカ両方で生活をしているグウィネス・パルトローだが、その影響が子供たちの不思議なアクセントになって表れていると苦笑している。

グウィネス・パルトロー出演映画『アイアンマン2』場面写真

 夫クリス・マーティンとの間に6歳のアップルと4歳のモーゼスがいるグウィネスは、二人の英語の発音がおもしろいと語った。「子供たちはロンドンの学校に通っていて、クリスマスや夏休みの休暇の際にはアメリカに帰国しているんだけど、モーゼスの英語はブルックリン訛りとイギリス訛りが混ざっていて、すごく不思議なものになっているわ。アップルはアメリカにいるときやわたしとしゃべるときは完全に米語なのに、学校に行くと完璧なイギリス英語をしゃべっている。面白いわ」と言っている。

 「学校の友達を家に連れて帰ってきたりすると、友達としゃべるときは英語、わたしとは米語。一度ビデオに録画したいと思っているんだけど、恥ずかしい思いをさせたくないからやってないの。でも、本当に見てておかしいのよ」と米トークショー「チェルシーズ・ビッグ・インタビュー・スペシャル」で語っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]