スティーヴン・スピルバーグ監督、アメリカ民主党のイメージ・アドバイザー就任を否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・スピルバーグ監督 - Jesse Grant / WireImage / Getty Images

 スティーヴン・スピルバーグ監督が、支持率低下に悩むオバマ大統領や民主党のため、党のイメージ刷新をはかる活動を援助し、民主党へのアドバイスをすると報じられたことについて、代理人を通じて否定している。

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮映画『トゥルー・グリット』場面写真

 熱心な民主党支持者であるスピルバーグ監督は、これまでオバマ大統領の資金集め活動に協力したり、ヒラリー・クリントン国務長官への支持表明などもしてきたが、ワシントン・ポスト紙は今回、民主党所属のアメリカ下院議長、ナンシー・ぺロシ氏がスピルバーグ監督をアドバイザーとして起用したいと考えており、スピルバーグ監督もこれを了承したようだ、と報じた。これに対し、スピルバーグ監督の代理人ははっきりと否定。「スティーヴンの長年にわたるスポークスマンとして、はっきりと言えます。彼は俳優たちを監督することでキャリアを積んできた人であって、政治的人物ではない」と、政治へ関与する意思がないことを表明した。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]