故・今敏監督、米タイム誌の選んだ「2010年を代表する人」に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
海外でも評価の高い今敏監督 - Marco Garcia / WireImage / Getty Images

 映画『パプリカ』『東京ゴッドファーザーズ』など優れたアニメーション作品を残しながらも、昨年の夏に亡くなった今敏監督が、米タイム誌の「2010年を代表する人」のリストに掲載されている。同企画では「パーソン・オブ・ザ・イヤー」にはFacebookの創設者、マーク・ザッカーバーグが選ばれ、話題になっていた。

次世代のアニメを担う新海誠監督の映画『星を追う子ども』場面写真

今監督は、2010年に亡くなった著名人を振り返る「お別れ(Fond Farewells)」のカテゴリに選出。採録された追悼記事は、制作続行がアナウンスされた遺作「夢みる機械」を含めた今監督の経歴を中心に言及しており、「偉大なる日本の映画監督」とその業績を評価している。記事中では、監督の死後に掲載されたブログ記事の内容を英訳するなどして、その早過ぎる死を悼んでいる。

 映画監督として手掛けた作品は5作にも満たないという寡作ぶりながらも、海外メディアにもその死が取り上げられるなど国際的評価を得ていた今監督。年末には、進行が止まっていた遺作「夢みる機械」の制作続行も発表されており、公開を待ち遠しく思うファンも多いはず。今監督の作品が世界中で楽しまれている限り、その業績が忘れられることはないはずだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]