ゴールデン・グローブ賞決定!映画作品賞受賞リスト!『ソーシャル・ネットワーク』が最多4冠!『ザ・ファイター』助演W受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第68回ゴールデン・グローブ賞の授賞式にて-『ソーシャル・ネットワーク』デヴィッド・フィンチャー監督 - Handout / Getty Images

 米ロサンゼルスで17日(現地時間16日)、アカデミー賞の前哨戦として注目されている第68回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が行われ、映画『ソーシャル・ネットワーク』が最優秀映画作品賞(ドラマ部門)、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀作曲賞を受賞し、最多となる4部門を見事制した。同作はこれまで全米映画批評家協会賞をはじめ、シカゴやニューヨークなど各都市の批評家賞でも主要部門を受賞し高評価を得ていただけに、下馬評通りの受賞結果ということができるだろう。なお、作品賞のプレゼンターはマイケル・ダグラスが務めた。

映画『ソーシャル・ネットワーク』写真ギャラリー

 一方、最多7部門でノミネートされていた映画『英国王のスピーチ』は、コリン・ファースが最優秀主演男優賞(ドラマ部門)を受賞。ロサンゼルス映画批評家協会賞などで主演男優賞を獲得してきたコリンに新たな栄冠が加わった。また、『ソーシャル・ネットワーク』同様、6部門にノミネートされていたデヴィッド・O・ラッセル監督の映画『ザ・ファイター』は、クリスチャン・ベイルメリッサ・レオがそれぞれ最優秀助演男優賞&最優秀助演女優賞を受賞し、うれしいW受賞となった。

[PR]

 最優秀主演女優賞(ドラマ部門)の栄冠は映画『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンに。私生活では同作の共演者で振付師のバンジャマン・ミルピエと婚約し、妊娠も発表したばかりのナタリー。バレリーナ役を演じるために、プロのダンサーも顔負けの一日5時間の練習を週6日こなし、肉体をいじめ抜いたという。そして、ミラ・クニスとのレズビアン・セックスシーンにも体当たりで挑み新境地を開拓していたが、今回の受賞で苦労が報われた結果となった。

 なお、ミュージカル・コメディー部門の最優秀主演男優賞に映画『アリス・イン・ワンダーランド』と、アンジェリーナ・ジョリーとの初共演が話題の映画『ツーリスト』の2作品でノミネートされていたジョニー・デップは無冠に終わった。主な受賞作品と俳優は下記のとおり。

■最優秀映画作品賞(ドラマ)
『ソーシャル・ネットワーク』
■最優秀主演女優賞(ドラマ)
ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン』
■最優秀主演男優賞(ドラマ)
コリン・ファース 『英国王のスピーチ』
■最優秀映画作品賞(ミュージカル・コメディー部門)
『キッズ・オールライト』
■最優秀主演女優賞(ミュージカル・コメディー部門)
アネット・ベニング 『キッズ・オールライト』
■最優秀主演男優賞(ミュージカル・コメディー部門)
ポール・ジアマッティ 『バーニーズ・バージョン(原題) / Barney's Version』
■最優秀アニメ作品賞
『トイ・ストーリー3』
■最優秀外国語作品賞
『イン・ア・ベター・ワールド(原題) / In A Better World』 デンマーク
■最優秀助演女優賞
メリッサ・レオ 『ザ・ファイター』
■最優秀助演男優賞
クリスチャン・ベイル 『ザ・ファイター』
■最優秀監督賞
デヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
■最優秀脚本賞
アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク』
■最優秀作曲賞
トレント・レズナー、アッティカス・ロス 『ソーシャル・ネットワーク』
■最優秀歌曲賞
「ユー・ハヴント・シーン・ザ・ラスト・オブ・ミー」 『バーレスク』

映画『ソーシャル・ネットワーク』は公開中
第68回ゴールデン・グローブ賞授賞式は1月22日、AXNにて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]