『マクロスF』サントラは「ネタバレ」!詳細一切不明のオリジナルアルバムがリリース決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ netabare album the end of "triangle"」ジャケット写真 - (C) 2011 ビックウエスト / 劇場版マクロスF製作委員会

人気SFアニメのシリーズ完結編となる映画『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』のオリジナルサウンドトラック「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ netabare album the end of "triangle"」が3月9日に発売されることが明らかになった。シリーズを通して歌が重要なファクターとなってきた同作だが、サントラアルバムが「netabare=ネタバレ」になるのは前代未聞の試みだ。

映画『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』写真ギャラリー

 本作は、2009年に公開された映画『劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~』の後編にあたるシリーズ完結編。2008年に放映されたテレビアニメ版を基に、新たなライブシーンなどを加えて再構成された劇場版だが、結末は別のものになることが明かされており、ファンの注目を集めていた。

[PR]

 そんな中でリリースが発表されたオリジナルサウンドトラックは、タイトルで「netabare album」と宣言している大胆不敵さ。同アルバムは、河森正治総監督と多くの作品でコンビを組んできた菅野よう子がプロデュースを務め、劇中でヒロイン、シェリル・ノームの歌を担当するMay'nともう1人のヒロイン、ランカ・リー役の中島愛が参加するほかは、主人公の早乙女アルトがジャケットを飾ることしか明かされていない。具体的に何がどう「ネタバレ」なのかは、レーベルflying DOGの担当者に問い合わせても「言えません」の一点張りという厳戒態勢だ。

 本作では歌が重要な役割を果たす一方で、主人公をめぐる三角関係も見どころの一つ。サントラのタイトルには「the end of "triangle"」とあり、ネタバレというのはもしかしたらテレビアニメ版では描かれなかった三角関係にまつわることなのかもしれない……とファンの期待を盛り上げるには十分だ。

 「マクロス」シリーズ生誕25周年記念作品として2008年から放映されていたアニメ「マクロス FRONTIER」も、いよいよ2月26日より公開される映画『劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~』が完結編。サントラ盤によるネタバレを防ぎたければ、封切り直後に観に行くしかない?

オリジナルサウンドトラック「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ netabare album the end of "triangle"」は3月9日にflying DOGより発売 価格: 3,045円(税込み

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]