天才美少女空手家の武田梨奈、花柄ミニスカートでイメチェン!?「男性から守られたいです!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
乙女な素顔の武田梨奈、でも将来の夢はジャッキー・チェンと共演!!

 天才空手少女として知られる武田梨奈が5日、東京・新宿バルト9で行われた主演映画『KG カラテガール』の初日舞台あいさつに、飛松陽菜中達也リチャード・ウィリアム・ヘセルトン、プロデューサーの西冬彦、そして木村好克監督とともに登壇した。

映画『KG カラテガール』場面写真

 16歳でアクション監督でもある西に見いだされ、『ハイキック・ガール!』で映画デビューした武田は、空手の全日本チャンピオンで黒帯有段者。もちろん本作でもガチな格闘シーンを披露し、アクション女優としてのポテンシャルを見せ付けている。この日は劇中での胴着や学生服から一転、花柄のミニスカートにブーツを合わせた春らしいコーディネートで、同世代の女性らしさを演出。すっかりイメチェンし、新たな魅力で観客の視線を集めた。

[PR]

 本作のプロモーションでは、インタビューなどで男性のタイプを聞かれることも多かったそうで「強い女性ってイメージもあると思いますけど、わたしも男性から守られたいです……って恥ずかしいこと言わせないでくださいよ(笑)」と乙女な素顔を披露した。とはいえ、そこは天才空手少女・武田のこと。クランクイン直前に骨折してしまい「主役として責任を感じた。映画が完成したのも、ここにいる皆さんに支えられたから」と凛(りん)とした表情で語ったほか、「将来の夢は、ジャッキー・チェンさんに『共演しろ』と指名されること」とアクション女優としての展望を勇ましく宣言していた。

 『KG カラテガール』はCG、ワイヤー、スタントを一切使用しないリアルなアクション作品。謎の集団に父親を殺され、妹を誘拐された空手少女の彩夏(武田)が、思わぬ形で妹(飛松)との再会を果たし、家族のきずなを取り戻すための壮絶バトルに巻き込まれる。

映画『KG カラテガール』は全国順次公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]