新作『スーパーマン』のロイス・レイン役は、『ザ・ファイター』のエイミー・アダムスに決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『スーパーマン』に出ます! -エイミー・アダムス

 映画『ウォッチメン』や『300<スリーハンドレット>』などを手掛けてきたザック・スナイダー監督がメガホンを取る予定の新作『スーパーマン:ザ・マン・オブ・スティール(原題) / Superman : The Man of Steel』のロイス・レイン役を、映画『ザ・ファイター』のエイミー・アダムスが演じることがComingsoon.netにより明らかになった。

エイミー・アダムス出演映画『ザ・ファイター』写真ギャラリー

 これは、同作を製作するワーナー・ブラザーズとレジェンダリー・ピクチャーズが発表したもので、これに関して同作の監督ザック・スナイダー監督は「スーパーマンの次にファンが気になるのは、誰がロイス・レイン役を演じるかということです。だから今日我々は、映画界で敬愛される、演技派のエイミー・アダムスをキャスティングしたことをここで発表できることは非常にうれしく思います。エイミーは、われわれが抱いているロイスのとても好きな資質、賢く、タフで、面白く、暖かく、さらに野心を持っていて、そして何よりも美しいという要素を持ち合わせています」とコメントを残している。

[PR]

 エイミーは、テレビドラマ「THE TUDORS ~ 背徳の王冠」のヘンリー・カヴィルが演じるスーパーマン/クラーク・ケント役の相手役を演じることになる。ちなみに、クラーク・ケントの父親ジョナサン役は、映画『フィールド・オブ・ドリームス』のケヴィン・コスナー、母親マーサ役は、映画『トスカーナの休日』のダイアン・レインが演じることになっている。

 製作は、映画『ダークナイト』のチャールズ・ローヴェンクリストファー・ノーランエマ・トーマス、映画『エンジェル ウォーズ』のデボラ・スナイダーが担当し、脚本は映画『ジャンパー』のデヴィッド・S・ゴイヤーが執筆することになっている。

 公開は、2012年の12月を予定している。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]