リンジー・ローハン、ロマン・ポランスキーの元妻で殺害されたシャロン・テート役のオファー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リンジー・ローハン(左)とシャロン・テートさん(右) - (左)Stephen Lovekin/ Getty Images(右)Ron Galella/ WireImage/ Getty Images

 窃盗や薬物使用などでお騒がせ女優として知られているリンジー・ローハンに、ロマン・ポランスキーの元妻で、1969年に殺害されたシャロン・テート役のオファーが来ていることが明らかになった。映画は、殺害事件の共謀罪に問われたチャールズ・マンソンを題材にしたものだとゴシップサイトTMZが報じている。

 シャロン・テートさんは、1964年のデビューした女優で、映画『吸血鬼』で共演したロマン・ポランスキーと1968年に結婚。だが1969年、妊娠8か月であったところをチャールズ・マンソンの信奉者たちに殺害され、悲劇の女優として知られるようになった。

 シャロンさんの役柄をリンジーがオファーされたのは、映画『アイズ・オブ・ドリーマー(原題)/ Eyes of a Dreamer』というチャールズにスポットを当てた作品。同作では、カメラマンのテイラー・シールズが監督・主演を務め、プロデューサーとして、シャーリーズ・セロンが実在の連続殺人犯を演じて大きな話題となった映画『モンスター』のブラッド・ワイマンが参加している。

 現在のところ、リンジー側からコメントは発表されておらず、この後の展開が気になるところだ。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]