『ローズ家の戦争』のキャスリーン・ターナー たった8公演で舞台が閉幕

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ハイ(原題) / High」のカーテンコールでキャストとともに登場したキャスリーン・ターナー(中央) - Mike Coppola / Getty Images

 映画『ローズ家の戦争』のキャスリーン・ターナーが主演する舞台が開幕からわずか8公演で打ち切られることになった。

 コンタクト・ミュージックによると、キャスリーンの舞台「ハイ(原題) / High」は、19歳の薬物中毒の男性をカウンセリングする修道女のストーリーで、キャスリーンは修道女を演じていた。28回のプレビューの後、正式なオープニングを迎えた日には、映画『ロマンシング・ストーン / 秘宝の谷』『ナイルの宝石』『ローズ家の戦争』で共演をしたマイケル・ダグラスも客席から応援。批評家もキャスリーンの演技を絶賛していたのに、興行収入が振るわず閉幕となったようだ。

 キャスリーンは、オフ・ブロードウェイの舞台にはこれまでも出演していたが、ブロードウェイでの作品は2005年にトニー賞にノミネートされた舞台「バージニアウルフなんかこわくない」以来だったため期待されたが、残念な結果となってしまった。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]