ウィル・スミス、『メン・イン・ブラック3』のために約1億6,400万円の2階建てトレーラーを控え室として使用

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウィル・スミス

 映画『メン・イン・ブラックIII(原題) / Men in Black III』をマンハッタンで撮影中のウィル・スミスが、超豪華な控え室を手配したと報じられている。

 ウィルが控え室として使っているのは2階建て、広さ約107平方メートル、重さ30トンはする200万ドル(約1億6,400万円)のトレーラーハウス。撮影しているソーホーに設置されているが、ウィルは1キロほど離れたところに豪華なアパートを借りているため、このトレーラーで寝泊りをしているわけではない。あくまでも撮影の合間に使用するための控え室なのだ。

 トレーラーの1階部分の床は大理石で、フルサイズのキッチン、ラウンジ、100インチのスクリーンが設置されたムービー・ルームと大きなベッドルーム、バスルームを完備。2階はウィルのスタッフのためのオフィスとバーになっているとのこと。

 ニューヨーク・ポスト紙によると、ウィルは週9,000ドル(約73万8,000円)のリース料を支払っているらしいが、隣にはプライベート・ジムとして使っている2つ目のトレーラーが駐車されているという。一方、ウィルが借りているアパートは、ベッドルームが5部屋あり、家賃は月2万5,000ドル(約205万円)。この部屋を仲介した不動産業者は、「彼の場合、何もかもが度を越えています」とコメントし、プールと専用エレベーターがあることが絶対条件だったとのこと。最初の予算はつき10万ドル(約820万円)だったらしいから、ウィルにとっては破格だっただろう。(1ドル82円計算)(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]