長澤まさみ、ジブリ『コクリコ坂から』主人公の声に抜てき!思いを寄せる少年演じるのはV6岡田准一!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒロインのボイスキャストに抜てきされた長澤まさみ - (C) 2011 高橋千鶴・佐山哲郎・ GNDHDD

 7月に公開されるスタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』のボイスキャストが発表され、長澤まさみが長編アニメーション映画初挑戦にして主人公・海の声を務めることが明らかになった。海が思いを寄せる少年・俊には、映画『ゲド戦記』以来のジブリ作品参加となったV6の岡田准一がふんする。

 宮崎駿が企画・脚本、宮崎吾朗が『ゲド戦記』以来5年ぶりにメガホンを取る『コクリコ坂から』。原作は少女漫画雑誌「なかよし」に連載された同名コミック(作画:高橋千鶴、原作:佐山哲郎)で、オリンピックの開催を目前に控えた1963年の横浜を舞台に、16歳の少女・海と17歳の少年・俊の出会いと交流、高度経済成長期という時代に真っすぐ生きる2人の姿を描く物語だ。そんなヒロイン・海に長澤が抜てきされた。長澤はもともとジブリ作品ファンということもあり、喜びと同時に自分で大丈夫かと不安もあったというが、「声優は初めてのことですが、海ちゃんのしっかりとした芯のあるところをキチンと出せるよう、丁寧に落ち着いて取り組みたい」と意気込みを語る。

 東日本大震災の影響で制作スケジュールに遅れが出ている本作だが、5月から本格的に主要キャストのアフレコがスタート。脚本を読んだ長澤は「わたしたちに何が本当に必要なのか考える時間を持ってみることも大切なのではないかと思いました」と心境を明かした。長澤の起用について宮崎吾朗監督は「カン」で、鈴木敏夫プロデューサーは、三谷幸喜が脚本を手掛けたドラマ「わが家の歴史」での長澤の好演が決め手になったことを明かした。

[PR]

 一方、宮崎吾朗監督と再タッグを組むことになった岡田は「大変光栄」としながら、「いつまでも観続けられるジブリ作品の力に、少しでもなれるように精いっぱい演じたいと思います」と2度目の挑戦へ思いをはせた。そんな岡田に監督・プロデューサー共に「信頼している」と太鼓判を押している。初共演となる長澤と岡田のフレッシュな共演を支えるのは、スタジオジブリ作品常連の竹下景子石田ゆり子風吹ジュン内藤剛志。そして2度目のジブリ作品参加となる香川照之、初参加の風間俊介大森南朋ら豪華実力派が脇を固めている。父を海で亡くしながらも、長女として母を助け、大世帯の面倒を見るヒロインを長澤はどう演じ切るのか、注目が集まりそうだ。(編集部・小松芙未)

映画『コクリコ坂から』は7月16日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]