水沢アキ、56歳・美熟女ヌードを大胆披露!借金返済のため風俗で働く女性を体当たりで熱演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
水沢アキが大胆演技で魅せる! - (C) 2010「やさしい手」製作委員会

 1970年代から1980年代にグラビアアイドルとして一世を風靡(ふうび)した女優の水沢アキが、映像作品では初めてとなるヌードを映画『やさしい手』で披露していることがわかった。水沢は現在56歳。本作では主演を務め、夫の借金返済のために風俗で働く女性を体当たりで熱演している。

 『やさしい手』は、水沢演じる主人公・葵が夫の借金、病に倒れた義母の世話を抱えながら、借金完済のために風俗で働く姿を描いた人間ドラマ。300万円の借金をこしらえ行方をくらました夫に代わり、パートの経験くらいしかなかった葵が、怪しい個室ビデオで男性客を相手に手で慰めるという大胆な題材を用いた作品だ。決死の覚悟で未経験の世界に飛び込んだ葵の思いとは裏腹に、葵の手は評判を呼び、連日長蛇の列を作る。そして彼女の中に今までなかった感情が芽生えていく……というストーリーだ。

 映画ファンならばすぐに2007年の映画『やわらかい手』が思い浮かぶだろう。公開時にはやはり大胆な発想で話題を呼んだ同作同様、水沢は本作で熟女の色気を惜しみなく披露している。写真集では披露したことのあったヌードを、映像化初として本作で解禁。56歳の今もなお元祖清楚(せいそ)系スーパーアイドルとして活躍したころのあどけなさを残す水沢が、地味な主婦から一転、女に目覚めていく熟女を体現する。

[PR]

 テレビドラマ「JIN -仁-」などにも出演した水沢だが、本作で見せるひと味もふた味も違った演技に注目だ。共演には、映画『武士の家計簿』の宮川一郎太、『キル・ビル』の風祭ゆきら実力派を迎え、関根和美がメガホンを取る。(編集部・小松芙未)

映画『やさしい手』は7月30日から8月5日まで大阪・第七藝術劇場にて公開
7月8日にDVDレンタル&リリース開始、発売・販売元:(株)ファインフィルムズ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]