アメリカ版新『ゴジラ』の脚本は、『バッドマン ビギンズ』や『ダークナイト』のデヴィッド・S・ゴイヤーが執筆!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
前作が……だっただけに、今作には期待できるか? -デヴィッド・S・ゴイヤー - Jean Baptiste Lacroix / WireImage / Getty Images

 ワーナー・ブラザーズが制作予定のアメリカ版『ゴジラ』の脚本は、映画『バッドマン ビギンズ』や『ダークナイト』を執筆したデヴィッド・S・ゴイヤーが担当することが明らかになった。

 これは、ワーナー・ブラザーズと提携している制作会社レジェンダリー・ピクチャーズが企画している作品で、監督は映画『モンスターズ/地球外生命』のギャレス・エドワーズがメガホンを取り、製作は『エンジェル ウォーズ』のトーマス・タルジョン・J・ジャシュニが担当することになっている。

 映画『ゴジラ』は、1954年に特撮怪獣映画として公開され、これまでに28作の『ゴジラ』作品が製作され、1998年にはハリウッドでも映画『GODZILLA』が製作されたが、同年のゴールデンラズベリー賞で最低のリメイク賞という不名誉な賞を受賞していた。

[PR]

 これまで同作の脚本は映画『エクスペンダブルズ』のデヴィッド・キャラハムが執筆していたが、新たにデヴィッド・S・ゴイヤーを雇って最終稿として仕上げる予定でいるようだ。

 はたして今回は、前作のハリウッド版『ゴジラ』よりはまともな作品になるのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]