『コクリコ坂から』主題歌の手嶌葵がロックの祭典ROCK IN JAPANに登場!澄んだ歌声は汗だくの観客たちの一服の清涼剤に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
手嶌葵がROCK IN JAPAN FES.2011に参加! 映画『コクリコ坂から』のテーマ曲を熱唱

 6日、茨城県の国営ひたち海浜公園で開催中のROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011(以下ROCK IN JAPAN FES.)に、映画『コクリコ坂から』の主題歌を歌う歌手の手嶌葵が参加し、透明感あふれる歌声を披露した。

映画『コクリコ坂から』場面写真

 ROCK IN JAPAN FES.といえば、毎年8月の第一週に行われるロックの祭典だが、会場となる茨城県ひたちなか市が震災によって大きな被害を受けたため、実は今年の開催は危ぶまれていた。しかし「今年もフェスを開催してほしい」という地元の人たちの熱い思いを受けて、今年も開催が決定。例年以上の参加者がチケットを早い段階から申し込むなど、今年は多くの参加者の熱気が会場内に充満していた。

[PR]

 手嶌が登場するWING TENTと呼ばれるステージには、超満員の観客が集結。熱気のためにとめどなく流れる汗をタオルで拭きながらも、皆が今か今かと手嶌の登場を待ちわびていた。するとそこに前座(?)として登場したのが、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー。「暑いね! 『コクリコ坂から』観た?」と会場に呼びかけると、多くの人たちが手を上げ、その様子を見た鈴木プロデューサーは笑顔となった。

 そしてその後、いよいよ手嶌が登場すると観客は大歓声。まずはアコースティックギターを伴奏に「上を向いて歩こう」を歌いあげる手嶌だったが、その透明感あふれる歌声は、非常に伸びやかに響きわたった。「ROCK IN JAPANに初めて参加させていただいたんですが、こんなに暑いとは思っていませんでしたし、こんなに集まってもらえるとは思っていませんでした。うれしいです」と感謝の念を述べると、続けて谷山浩子作詞作曲による「朝ごはんの歌」を披露した。映画『コクリコ坂から』でも使用されたこの曲は、日常的な朝の風景を軽快なリズムにのせて歌いあげる可愛らしい曲だ。

 また、「人生で一番愛する歌です」とのMCとともに、「The Rose」も披露。この曲のデモテープを聴いた鈴木プロデューサーと宮崎吾朗監督によって、手嶌のデビューが決まったという運命的な曲である。そして手嶌のデビュー曲「テルーの唄」をアカペラで披露。その澄み切った声に観客が熱心に耳を傾けていると、やがてピアノの旋律が優しく入ってくる。歌手としての手嶌の成長ぶりが実感できる、まさにこの日のハイライトとなった。

 そして「次で最後の曲になりました」と告げると、会場からは「えー!」と名残惜しそうな声が響きわたった。「本当にあっという間でしたが、来てくださったみなさんのために温かく歌いたいと思います」というコメントとともに、『コクリコ坂から』の主題歌となる「さよならの夏~コクリコ坂から~」をしっとりと歌いあげた。熱気あふれる会場の中で、一服の清涼剤のような手嶌の歌声に包まれた観客たちは、野外フェス独特の高揚感とともに、惜しみない拍手を手嶌に送っていた。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]