光石研&田口トモロヲが中年男のあるあるトーク!「何もないところでつまずく、手にとった瞬間落とす…」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
田口トモロヲと光石研-ゆるい中年男同士のトークで盛り上がり

 6日、映画『あぜ道のダンディ』の舞台あいさつが吉祥寺バウスシアターにて行われ、主演の光石研石井裕也監督、そして本作の舞台あいさつに初参加となる田口トモロヲも登壇し、石井監督が男たちの熱い裏話を披露した。

映画『あぜ道のダンディ』写真ギャラリー

 この日3人がそろうのは撮影以来とのこと。撮影現場ではあまり会話がなく不仲説も流れていたと言うが、石井監督はそれについて「言葉とかなくてもいっしょに戦っている気がしていました」とやんわり否定。言葉はなくとも監督として二人の演技を食い入るように見ていたといい「映画で一番大切なのは俳優の人の芝居です。肉眼で確認して面白いと思えばよりだろうが引きだろうが画角あまり気にしません」と演技を重視するこだわりも明かした。

[PR]

 そんな石井監督は、表ではあまり語られない光石と田口の役者魂あふれるエピソードを観客の前で披露。主演の光石については「ロケバスの中で目を血走らせて無心にぶつぶつ言っていると思ったらセリフを覚えているみたいでした。すごい集中で思って尊敬しています」と賞賛し、田口についても「田口さんはぱっと現場に来て、さっと演技をして、すっと帰っていくんですよ」とまさに職人的な役者だったことを大絶賛。

 一方、光石と田口によるとロケバスの中では意外にもゆるい中年男同士のトークでも盛り上がっていたそうで、光石が「何もないところでつまずくようになったり、何か手にとった瞬間落としたりするよね」と田口に共感を求めると、田口も「僕は最近前の日の酒を飲まないようにしましたね」と中年同士哀愁漂うコメントで会場を沸かせていた。

 映画『あぜ道のダンディ』は男手ひとつで息子や娘を育ててきた中年男・宮田(光石)が、子ども達との交流に悪戦苦闘しながらも懸命に生きる、中年男の生きざまを描いたヒューマン・コメディー。(取材・文:中村好伸)

映画『あぜ道のダンディ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]