映画『ブレードランナー』の前章か続編を企画中!オリジナルを監督したリドリー・スコットが製作/監督を務めることに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リドリー・スコット監督 - Fotos International / Getty Images

 映画『エイリアン』や『グラディエーター』のリドリー・スコット監督が、自身がメガホンを取ったSFの名作『ブレードランナー』の前章か続編を企画していることがDarkhorizons.comによって明らかになった。

 これは、今年の3月に映画『ブレードランナー』の著作権を獲得したアルコン・エンターテインメントが企画している作品で、リドリー・スコットが製作/監督を務めるようだ。だが、今のところはそれが同作の前章か続編を描いた作品になるのかは未定で、当然まだ脚本家も決まっていない状態だ。ただ、アルコン・エンターテインメントが著作権を得た時点で、『ブレードランナー』のリメイク作品の制作だけは契約違反となっている。

 ちなみに、現在リドリー・スコットは映画『プロメテウス(原題) / Prometheus』を製作中で、この作品は1979年に製作された『エイリアン』の前章として最初は企画されたが、後に『エイリアン』のフランチャイズから独立した物語となっている。その撮影では、近未来的な巨大なセットが組まれているため、もし『ブレードランナー』の前章か続編がすぐに始動するのであれば、同じ場所で新たにセットを立てることも考えられる。

 はたして新作『ブレードランナー』では誰がキャストされ、どんな脚本が出来上がるのだろうか?まだ監督しか決まっていない現段階だが、多くのファンを興奮させる企画ではあるようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]