島田紳助、本日で芸能界を引退!涙涙の会見で暴力団との関係明かす 松本人志には事前報告

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
本日をもって芸能界を引退する島田紳助 目には涙

 23日、タレントの島田紳助が吉本興業東京本社にて緊急会見を行い、本日をもって芸能活動引退を発表。その理由を平成17年6月ごろからの2年間、暴力団関係者との間に一定の親密さをうかがわせる携帯メールのやりとりがあったことを吉本興業側が問題視。紳助自身もそれを認めたため、今回、引退の運びとなった。この会見には水谷暢宏よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長、原田裕弁護士も同席した。

 突然の発表だった。緊急で開かれた会見に登場した紳助は神妙な面持ちで「今日をもって引退します」と発言。発覚した暴力団関係者とのメールのやり取りに「十数年前から友人を介して悩みを相談した方が暴力団関係者だった。その人は僕の立場を分かってくれて、会ってはだめだと言ってくれた。だから本当に偶然を含めて4~5回会った程度だった。僕の中ではセーフだと思っていた」と事情を説明。法律に触れる行為ではなく、経済的な利害関係が認められるものではないという調査結果だったが、数多くのテレビ番組でメイン司会者を務める社会的影響力の大きさから、吉本興業側が厳しい判断を下した形となった。

 「日曜の夜、24時間テレビのあと吉本興業に呼ばれ、内容に関するメールを見せられた。『芸能界のモラルとしてやってはいけないことなんだ』と言われ理解した。悪いことをしたらちゃんとけじめをつけなくてはいけない。700人いる吉本の後輩に示しをつけるために引退を決意しました」と経緯を説明。

[PR]

 突然の引退劇だったが、唯一ダウンタウン松本人志には事前に報告をしていたという。「僕が漫才をやめたのはダウンタウンの漫才を見たから。だからあいつにはちゃんと伝えないといけないと思った。そうしたら『やめないでください』ってメールをもらってね」と語ると涙を見せるシーンも。でも「この涙は引退への未練じゃないですよ。僕を慕ってやめないでくださいって言ってくれたことがうれしくてね」と気丈な態度を見せる。

 「師と仰ぐ上岡龍太郎さんが55歳で引退されました。そして僕も55歳。なんかの縁ですかね」とさみしそうに語る紳助。先日の24時間テレビ、徳光和夫のゴールを満面の笑みで迎えた姿が印象に残るが、本日限りでその姿をメディアで見ることはなくなった。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]