グウィネス・パルトロー、セックス中毒者を描くコメディ映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
グウィネス・パルトロー - Dimitrios Kambouris / Getty Images

 グウィネス・パルトローが、新作コメディ『サンクス・フォー・シェアリング(原題)/ Thanks for Sharing』へ出演することになった。この作品は、映画『キッズ・オールライト』で共同脚本を務めたスチュアート・ブルムバーグの監督デビュー作で、グウィネスのほか、マーク・ラファロティム・ロビンスジョエリー・リチャードソンの出演が決まっている。物語は、セックス中毒に悩む男女を描くコメディで、グウィネスはビジネスで成功した女性、フィービー役を演じ、カウンセリングでマーク演じる男性と出会うストーリー。ティムとジョエリーも、カウンセリングにやってくるカップルを演じる予定だ。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]